読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にごらない

超雑記

『君の名は。』こんな新海誠MAXで世の中大丈夫なの?(バレほぼなし)

 映画館を出たら台風一過の青い空と白い雲が美しく広がってるのを見て「今日の世界は新海誠監督作品だな」と思った。倒錯。


↓こんなの。


f:id:nigo:20160901141017j:plain


 オープニングから男女ユニゾンのモノローグ(私の涙腺が条件反射で崩壊するやつ)でもう新海誠が全開なんだけど大丈夫? 今までの新海誠でいちばん客射程広いと聞いて来たけどいつもの新海誠だったどころかウォォォォォ俺たちの新海誠原理よくわかんないSFファンタジースピリッツゥゥゥゥゥゥってくらいの厨設定だったけど大丈夫? 思春期に観たら現世に帰ってこれなかったやつだし心に住んでる修学旅行が育ちまくるんだけど厨二病患ってない人に勧める言葉がみつからないのは私が無能だからってだけ? こんな拡大ロードショーで大丈夫?


 そ、それとも時代が新海誠に追いついたってやつなの?


 今までの新海誠作品はほしのこえ最高ゥ雲の向こう最高ゥ言の葉最高ゥゥゥあっ秒速ちょっと苦手……という感じです。しかしキャストインタビューなどを読むと秒速がとにかく人気なので見返してみます。今回はシンゴジのとき予告見て不穏な空気を感じ、これ私の好きなやつ! とほいほい観に行って途中の展開でキター!!! です。シンゴジ観なきゃ行かなかったと思うので、まず映画館に足を運ばせることのたいせつさよ。


 映画館で観るべき理由はやはり美術美術美術。世界が輝いて見える!(物理) どこもかしこも輝いてる。在来線までも。ただ在来線さんは自分の見る目が変わってるのに気がつきました。「見ないで……そんな目で見ないで……!」ってキラキラの在来線が訴えてくる。


 ストーリーについては、リアル中2くらいのときに自分が書いてた妄想がちゃんと映画になっててぐうの音も出ない。すごい、こういう話で商業大作路線にのせられるなんて……え、「夢の中で見た相手と現実で『初めての』再会が? できるかも???」って、みんな一度は妄想するやつだよね? 夢厨だったわたしは一万回しました!!


 観終わってみて一番ぐっときたのは、「監督、独りじゃないんだ……」というところ。ほしのこえから正常進化したキラッキラの美術とポエミーなモノローグを全編見せてくれてるこの作品を新海誠監督独りじゃなくて大勢で寄ってたかって作ってすげークオリティ上げてるなんていう世界線へ来れたことにほんと感動した。


 オタクじゃない人のほうがキラッキラの力技で圧倒できるので薦めやすいです。厨二力の高いオタク/美術サイコーで満腹になれるオタク以外のオタクには設定が甘くてストーリーのいろんなとこが気になっちゃう人もいそうなので両手を上げては勧めづらい。ただ『君の名は。』自身はそういうの売りじゃないし(キラキラ)って爽やかに言い放つと思うしキラッキラの世界でどうでもよくさせるパワーがすごい。一時期ザワザワされてた綾瀬はるかの帳消し力を超えたと思う。設定の甘さが気になってる諸氏にはサイドストーリー(既に三葉の父親周りは補完済み)や二次創作できっちり補完してくれるのが出るんじゃないかなっていうのもある意味楽しみにできるのでは。おまえら設定資料集とかサイドストーリーとか大好きだろ!? 出れば出るほど嬉しくなって買うだろ!? 薄い本での多次元解釈ばっちこいだろ!!??


 音楽のRADWIMPSは今まで全然触れる機会がなくアホの子まるだしで「歌詞めっちゃ聴き取りやすいな!」と感嘆しました。「前前前世」などはフルで聴くとブリッジに合唱パートがあって、ライブで確実にキラーチューンになる曲を作ってもらえたのはとてもよかったなあと思います。今後のライブで何度も演奏するだろうし、演るたび『君の名は。』が思い出されてくれることでしょう。


 こんな新海誠全開で広いレンジに受けてるの、水木しげる先生のやりたいことやるには求められてるものも考えた中でやりたいことを最大限に描くみたいな言葉を思い出しましたんですが、正しくはどういう言葉だったのか思い出せないしみつかりません。これ最近のトピックで言うと「ワクチン否定派に受け入れてもらうにはワクチン否定派に気に入ってもらえるような物語性を付加したワクチン必要の話しないとだめじゃね」みたいな創作に限らない話なのでみんながんばろう。はしか まじ やばい 。


 キャラクターについてこれだけは言わねばならぬが奥寺先輩はわるいおんなのひとだ。まちがいない。ハチクロ初期の真山みがある。でも真山と同じように描き込んでくと異性の後輩ぜんぶ喰っちまうぞキャラでは全然ないのもまちがいない。ナイスメガネの司君と何があったのか考えるだけでご飯三杯いけますね! まあ奥寺先輩の本質は百合ですけどね? そこは数々の薄い本で完璧に補完されますね?


 最後に、コンビニキャンペーンに全力で踊らされて毎日チキンラーメンやどん兵衛を喰わされてるタイプ以外の人はもう帰っていいんですけど、見終わった後に余裕があればあちこちのお店でタイアップノベルティスタンプラリーしてくるとよいです。以下。


f:id:nigo:20160901141451j:plain


左下のはたまたま帰りに寄った紀伊国屋でやってたプレゼントキャンペーンの特製ブックカバー。右下はカドフェス特典のブックカバー。右上はたまたまおそ松Blu-ray買いに行ったときに気付いたHMVでの映画半券見せてICカードステッカープレゼント。左上はたまたまドラ松CD買いに行ったときに気付いたアニメイトでの映画半券見せて合言葉でランダムブロマイドプレゼントです。あとメイトは君の名は関連商品でしおりプレゼントもある。全部たまたまでこんだけ引っ掛かったんだから的確なマーケティングと言わざるを得ない。さあ踊れ! 加齢臭させながら合言葉言わされてこい!



↓どれか一冊買うならサイドストーリー集のこちらを強くお勧め。