読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にごらない

超雑記

チョコレートにまつわる人間関係が可視化されない問題

今週のお題「おやつ」


 十数年前、サンプリングの会社でおやつばっかり売ってたことがありました。ハーゲンダッツの試食は二度三度と来る子供をいかにぐんにょりかわすかが問われます。バレンタインの季節になると東武池袋の地下に2週間ほどこもってチョコレートを売る生活を3年くらい繰り返していました。私の入った売り場は同じマネキン会社から来た女子3-4人。この季節だけ2週間ぶっ続けで百貨店に朝から晩まで詰めることのできるその日暮らしの奇特な人間というのはまあ限られており、毎年だいたい同じ面子になるのでした。


f:id:nigo:20170519111104j:plain

(本文とは無関係のドイツ土産チョコレートです)


 1年目2年目と大過なく売り続けて迎えた3年目、約1年ぶりに再会したAちゃんが開口一番。


「BBショコラの人と別れたよー……」


 !?


 いや、別れたもなにも、初耳ですけど!?


 B.B.CHOCOLAT(B.B.ショコラ)というのは、バレンタインの時期だけ出現するドメスティックブランドで、テディベアの毛流れまで再現した形のチョコが「お母さん→息子」とか「女子→女子」などの用途でも人気のお店です。


【バレンタインチョコレート】 「BBショコラ リュバン」 ベアーズパティスリー M 6個入 | 阪神のバレンタインチョコ | 通販なら阪神百貨店オンラインショッピング
(参考)写真あり。期間限定なのでバレンタイン時期以外に現物を見ることができない。


 前の年は斜め前方がBBショコラでした。その年は売り場がちょっと離れていることにほっとした後、去年この売り場に入った2週間でBBショコラのバイトの人と仲良くなり交際を始めていたことをAちゃんから聞かされます。ううむ、確かにBBショコラの兄ちゃんは気さくで、別の売り場の私たちともよく話してはいた気がする、けども。


 まあここは2週間毎日顔を合わせるわけで、出会いはいろんなところにあるものだなあ、となんの面白みもない教訓を得て終わろうとしたところ、Bちゃんが


「あるよねー。このまえもデパ地下の試飲やってて八百屋のおじさんに声かけられたよー」


 !?


 あるの!? てか、「このまえ『も』」!? 『も』!?


 AちゃんBちゃんに話を聞くと、サンプリングで各デパートなりスーパーなりに入ったとき、他売り場の人から誘われたりなんだりするのは珍しくないことなんだそうです。


「◯◯(某蔵元)のおじさんにはゴハンおごってもらったよー」


 あ、ああ、1週間くらいやったお茶催事の向かいにいた某酒蔵さんね……。たしかに九州来たら蔵に遊びにおいでーとは言ってたし、私は誘われていないという悲しい事実は置いておいても、九州から1週間の東京出張なら、短期といえど同じ職場空間にいる若い娘をゴハンに連れ出すくらいはありそうな話だ。しかし、「八百屋のおじさん」は違う。1日だけの食品売り場での試飲バイトですらあり得るという驚愕の事実。


f:id:nigo:20170331142217j:plain

(本文とは無関係のカナダの取り寄せチョコレートです)


 Bちゃんはかわいいんです。かわいいから声をかけられるというのはわかりやすい帰結です。けどAちゃんは正味な話、普通の子ですよ。同じ凡顔(失礼)でも私に声をかけられる経験がなかった理由、十数年後の今ならわかります。

  • 雑談とかむりですオーラ
  • 近寄らないでオーラ
  • 人間には興味ありませんオーラ


 誰も寄ってこないよこんなの。最後のは「普通の人には興味ありません」とお高くとまって未来人とか宇宙人しか受け付けねーよバーカというのではなくて、森羅万象あらゆる人間に興味がないという話です。や、主観では興味あったんですよ、でもどうも一般的な人はもっとあまねく人間に興味があるようで、私の相対的な興味のなさは日頃の雑談にも反映されるわけで、BBショコラのお兄さんとの話が私に全然伝わっていなかったのも納得です。


f:id:nigo:20161025152228j:plain

(本文とは無関係の清澄白河ARISE COFFEE ENTANGLEのチョコブラウニーです)


 今はエレベーターで乗り合わせた人と天気の話すらできるようになりました(持っている人は子供の頃から持っているスキルだと思いますが、私にとっては相当な革命です)。そしてモテるモテないとかそういうのからはさすがに解脱したから、誘われなくたって別にいい……とは言い難い。


 あまたの職場でたいてい権力を持っている年配男性の機嫌を損ねないようにに動く、というのは大事なことですし、それ以上に同じところで働く女性たちの輪に入れないことが起きると職場では真に死活問題となります。ま、無理だな! と爽やかにとらえて今は勤め人をしていないわけですが。


 従業員のおやつとして試食に出す中からバックヤードでパクパク口に放り込んでいたことの罪滅ぼしもあり、自分が当時売っていたベルギーのチョコやらスペインのチョコやらはたまに見かけると懐かしくて買ってしまいます。


_____


 以上、投稿画面にあった「好きなおやつ」の文字列をなにげなく押してみたら冒頭のように記載されたので、「ああ、はてなブログ、そういう文化があるのか」と指示待ち人間が喜んで書きました。



 今回の記事を書こうとして「B.B.ショコラの母体がわからん……母体と言われている(株)スイートプラザの公式サイトがない……動物チョコ仲間のZOOLOGY(ズーロジー)やってる松風屋のブランドとする記事もあるけど、サイトでは触れられてない……真相がわからん……」というほうがよっぽど気になってしまった私はこれからも人間関係の機微がわからずに苦労していくんだと思います。


松風屋

フーシェでおなじみ松風屋のブランド紹介ページ。ズーロジーはある。


スイートプラザ ズーロジー チンパンジー

ズーロジーのチョコレート。「無駄にリアル」と評判。ちなみにズーロジーも箱を見ると販売は(株)スイートプラザである。関連会社ということでいいのかな。ズーロジーもBBショコラもバレンタイン期間にのみ現れる幻で、日頃の通販などものぞめません。



 それにしてもBちゃん、こんなにかわいくて愛嬌もあって、なぜその日暮らしのマネキン稼業を何年も続けてるのか……もっとこの子が輝ける職場が……と常々思っていて実際口にしたこともあるんですが(言わなくてもいいことを言う性格も治ってない)、トッパライじゃないとやる気が出ないんだそうです。わかる。お脳の問題だと思います。報酬系が弱い仲間。