読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にごらない

超雑記

子供は夏フェスに連れて行け(ただし北海道)

 子連れに優しい北海道の二大音楽フェス、RISING SUN ROCK FESTIVALとJOIN ALIVEの話をします。RSRは小学生以下が無料、JOINは中学生以下が無料、子連れ歓迎というか近年は家族連れ推奨レベルで運営が囲い込みを狙ってます。JOINは家族連れなら中学生が無料なんだけど中学生単独だと有料です。中学生は保護者を連れてきてフェス飯をたかろう! 去年のJOINはサカナクション主催のオールナイト野外レイブが保護者連れなら中学生も入れたという、どんな英才教育だ。


f:id:nigo:20160813135738j:plain:w400


 RISING SUN ROCK FESTIVALは会場内にテントをはる滞在型の野外フェスです。それぞれのテントスペース内で焼肉ができます。もはや家族連れには単なるキャンプ行事です。会場内にはコールマンのキャンプ用品売り場はもちろん各種簡易コンビニ、徒歩で行ける会場外すぐにも本物のコンビニがあり、車の横にテントを立てられるオートキャンプ場も完備で電源やエアコンに困ることもない、日本一ぬるい環境でキャンプが楽しめます。レンタルテント(要事前申込)まであるので手ぶらでもいい。家族連れに限らずキャンプ初心者はここから始めることを勧めたいくらいぬるい。


 会場内ではベビーカーはもちろん、保育園に使う業務用みたいな巨大ワゴンに乗せられた乳幼児が常にドナドナされています。

コールマン アウトドアワゴン 2000021989

コールマン アウトドアワゴン 2000021989

これが会場内で売ってる。うちも秀岳荘で買った。こんなのに乗って広い会場を移動すること自体が子供にとってアトラクションです。


 SUN STAGE近くには扇風機完備の子供の遊び場があり、大量の干し草をバフバフできたり育児支援NPO運営の元で普通に木のおもちゃで遊んだりもできます。そもそもそこまで暑くはならず、むしろ深夜〜早朝の冷え込みに注意しなければならないフェスなのですが、日差しと暑さが気になる時間帯に退避できる場所があるのはたいへん助かります。別の場所にはシャワーと水場もあるよ。ボディペイントブースで可愛くしてもらってる子なんかもよくみかけます。タイラクルーのような森の中探検もおもしろい。小さい子の楽しめるところもたくさんあるフェスです。ただし短時間滞在ではないならテントの類は必須。オムツ交換場所はないです。


f:id:nigo:20170508125402j:plain:w400


 一方のJOIN ALIVEは会場内に遊園地が含まれています。会場内なので遊園地は出入り自由、チケット所持者への安い乗り物券も用意されており、親はライブ、子供が飽きたら遊園地というWin-Winの関係が築けます。うちの幼児は遊園地のおかげで正直JOIN ALIVEのほうが覚えがめでたい。もともと公園のあるところを利用しており全体にバリアフリー、RSRでアウトドアワゴンがはびこるのはオフロードで車輪が砂に埋まるからですが(タイヤの小さいキャリーバッグもおすすめできません)、JOINは普通のベビーカーでも大丈夫です。オムツ交換も遊園地内でできます。


 キャンプ環境はオートキャンプがない以外RSRと同等。ライブが夜通しではないのと、日差しを避ける場所が豊富にあること、また各ステージが楽しめる場所にキャンプできるRSRと違いキャンプサイトから直接ステージが観られるわけではないので、キャンプの必要性はそれほどありません。夜は近隣の温泉に泊まるのもよいです。会場サイズもコンパクトで移動に困らず、野外フェスとしてはRSRよりさらに初心者向け。


 北海道にはこの他にもニセコの森のカフェフェスや白老のTOBIU CAMP、大樹の宇宙の森フェスなど、自然あふれる中で老若男女関係なく音楽をゆるく楽しもうぜ、というフェスが多くあります。


f:id:nigo:20170508125955j:plain:w400


 フェス文化が根付いたことで北海道のライブシーンにもたらされたもの、それは「ライブの楽しみ方」です。RSRがなかった数十年前の札幌というと、日本一ライブが盛り上がらない土地で名を馳せていました。とにかく札幌のお客さんは反応が悪かった。それがRSRで生まれたときからフェス通いの野外フェスネイティヴ世代がそろそろ成人しようかという今、RSR常連組だと「札幌が一番盛り上がる」と公言してはばからないバンドもあるくらいです。ツアーをすると札幌のハコが一番大きいことのあるスクービードゥーさんなどにはRSRとともに観客が育った実感があるのではないかと思います。


 JOIN ALIVEで決死の覚悟で飛行機に乗り20年ぶりだかで北海道でライブしてくれたオーケンを観ながらROSE STAGE最後方の芝生で幼児がダメジャンプも許されないこんな世の中ですか? RSRのDEF GARAGEのテント外で筋肉少女帯を隙間から覗きながら幼児を抱っこしてダメジャンプも許されないそんな世の中ではないですね? ホールやライブハウスなんて99%未就学児不可なのに、幼児に2年連続ダメジャンプを経験させられるフェスというイベント、すごくね?


 おかあさんといっしょ的なコンサートも行くし、札響の子供向けクラシックコンサートにも行くよ、街角で聴けるシティジャズも観るよ、もちろんフェスにも行くよ。というか子供が生のロックやポップス系を観る選択肢はむしろフェスしかない。別にそれでよいのです。ライブハウスのような大人でも耳を壊す可能性のあるところへ未就学児が自由に出入りできても困る。


 都市型フェスの最大ステージ前方にベビーカーを突っ込むとか肩車でスタンディングゾーンに特攻とかは論外ですけど、もし都市型フェスで肩身の狭い思いとかしてるんなら、北海道に来い。


f:id:nigo:20160814084002j:plain:w400


二大フェスは2017年のチケットが発売中です。

RISING SUN ROCK FESTIVAL
http://rsr.wess.co.jp/
JOIN ALIVE
http://www.joinalive.jp/


こちらはまだこれから。森のカフェフェスは2017年開催がないそうです。残念。

森のカフェフェス inニセコ
http://cafeandmusic.com/
TOBIU CAMP(白老町)
http://tobiucamp.com
宇宙の森フェス(大樹町)
https://www.uchunomori-fes.com


 こういう論争が起こりがちなところでは、夏コミに未就学児は議論の余地なくマジでやめとけって思います。おわり。